沿革

History
                                                       
昭和 3 年荒井清勝が東京より塗装工・画工を招聘し、宝来社として営業を開始
戦中荒井清勝( 当時市議3選) が、富山合同イベント興行株式会社を設立
昭和 21 年富山市総曲輪に於いて興業広告を主として営業を再開
昭和 29 年富山市星井町に移転、工場一棟を新設
昭和 32 年店舗設備製造工場を新設、店舗企画設計施工業務を開始
昭和 34 年福井支店を開設
昭和 36 年金沢支店を開設
昭和 37 年( 株) 宝来社を設立【代表取締役 荒井三郎】 資本金300 万円
昭和 45 年資本金600 万円に増資
昭和 49 年資本金1,800 万円に増資
昭和 53 年福井支店、移転新築
昭和 55 年黒崎工場(富山市黒崎)を新築
昭和 57 年荒井三郎黄綬褒章受賞
昭和 60 年資本金2,700 万円に増資 東京営業所を開設
昭和 61 年日本ディスプレイ産業優秀賞受賞 日本ディスプレイデザイン奨励賞受賞
(株)AIDEX を設立 大阪営業所を開設
昭和 62 年富山市南央町に本社工場移転新築( 敷地2,300 坪、建物面積900 坪)
( 代表取締役 荒井泰晴)
昭和 63 年( 株) 宝来社石川設立 ( 株) 宝来社福井設立
平成 3 年婦中町に倉庫新築(敷地900 坪、建物面積190 坪)荒井三郎勲五等瑞宝章受賞
平成 4 年金沢市湊2丁目に㈱宝来社石川本社工場移転新築 (敷地1,300 坪、建物面積470 坪)
平成 12 年(社)日本ディスプレイ業団体連合会賞ディスプレイ産業奨励賞
平成 25 年【代表取締役社長 小泉稔】
名古屋営業所を開設( 8 月)